予想外の質問は、今後面接を受ける応募者の悩ましい。

面接の応答は大きく
人物心象・社会人スキル、業務関連スキル・意欲レベル、就業への適応力という3つの角度から評価される

面接で見られる姿勢

面接を行う応募者は、その評価事項に沿って「こう聞かれたら、こう答えよう」といった自らなりの想定問答を構成して応答を考慮していく。

けども、予想外の質問には如何に取り扱ってしたらよいのか実のところ、ある求人情報誌で転職経験者に質問を行ったところ、山ほどの難問・珍問の体験談が寄せられ、中にはジョークのような質問さえあった。

どれほどの質問も、意識しがわかれば見所を押さえた応答ができるかどか。

だが、多くの応募者が腹積もりて懸念事項し、緊張するのは、ユニークな予想外の質問のケースは「その質問で何が評価判定されるのか?」という、肝心の意識がわかりにくいと思い込んでいるからだ。

採用選考の評価事項は常識的に変わらない。

つまり、如何なる難問・珍問であろうと、応答によって評価・判定される事項は同じという事。

予想外の質問でも、その実よくある志望動機や入社意欲、業務姿勢などを聞く質問の“バリエーションーでしかない。

面接の流れ、前後の質問などと考慮し合わせる事で、ほかの質問と同じように意識しをキャッチしやすくなる、という事だ。

ひとつ配慮やりたいのは難問・珍問の中には、ときおり差別質問やセクハラ質問、関心本位や圧迫面接のように思える質問もあるという点。

つい身構えたり批判的な見方をしてしまいがちだが、面接のうえでも「すべての質問に選考上の意識しがある」という“前提”で当たるべきだ。

そうした質問では、当たり前の意識しのほかに応募者の反応もポイントにされるが、前提があると考えれば、当たり前の質問と同じように、穏やかなて解答やすくなる。

採用の決定をほのめかす対応について

面接も終盤に近づいてきた事例に、店突にこういった質問をされる事がある。

採用した後に入社辞退されるのは避けたいので、応募者にライバル企業への応募状況を尋ねると口をセット御社が第一志望と解答ます。

本心のところを知るために、わざわざヒネって不採用をほのめかすような聞き方をする事もありますというのが、面接旧一当者の意識だ。

造作なくに言えば入社意欲の見定めでしかないが、応募者の反応によっては、そこから色々な事を読み取られてしまうので配慮やりたい。

真っ先に「それは不採用という事ですか?」などとネジ込むのはNG。

どのような時のどういった質問に反対にも、「どのような趣旨なんですか?」と抗議口調で相手に切り返せばおしゃべりのムードは悪化するもの。

もちろんながら面接ではマイナス評価される。

他にも選考の結果を告げられたわけではないのに「不採用にしないでください」と泣きついたりするのも論外。

そしては、NGトークのように早々とあきらめて次の予定まで示せば、意欲が希薄なだけでなく物事を短絡的に思案するウッカリ者の応募者と思われても仕方がない。

面接に臨む際には、たとえ第2志望の応募先であっても「必ずにこの企業に入社する」という気構えをもつのがベース。

イジワル質問にうろたえず、最後の最後まで粘り抜く決心で、OKトークのように入社意欲を伝えていこう。