配属地・勤務時・日曜休暇など、主要な勤務要件や待遇は、求人広告にもよく記載されている。

転職知識本によっては求人広告を読めばわかるような事を聞いてはいけない」といった忠告もあるが、これは単に見極め質問の連発を防ぐためのひとつの技法を提言しているだけ。

雇用条件を聞くには

不明な点や不安な事があれば面接で実際に確認、意見することは正しい姿勢。

ただし用心やりたいのは、勤務前提や待遇について尋ねる質問は、ともすると身勝手な感じを与えてしまいがちという点である。

「転勤はあるのか?」「配属地はどこになるのか?」「祝日出勤があるのか?」など、率直に投げかけるのはキケンだ。

質問をする前に、その事が応募先に勤務するうえで如何に問題になるのか、どこまでの譲歩が可能ななのかを、前もってに調べておく事が大事。

例を挙げると「育児との両立のために、勤務地は保育園の送迎時刻に支障のない範囲である事が不可欠」というケースなら、事前に書面で伝えるべきである。

支障なこ通勤できるな勤務地ならOKという事になる。

事前に雇用条件を調べて、事情を話して会社の取り扱ってを尋ねるほ方がいい。

求人広告にある用語の趣旨も調査しておこうある採用人事よれば、待遇関連ではお休みについての質問をクドクドと聞く応募者が多々あるとか、休みの事ばかり気にする人と思わざるをえないそうだ。

だが、これにはいい印象になれないきっかけになる。

実際の勤務希望を伝える場合

言いたい事は同じなのに、「通勤に役立つなのは××支店なのですが、そうした配属お願いは受け入れられるのでしょうか?」とあからさまに聞けば、自らの通勤の都合しか考慮していない身勝手な応募者だという感触を与えてしまう。

法人としても、ムリなく勤続してくれという考慮しがある。

選択の余地があるなら、わざわざ勤務に不利な要件で雇おうというつもりはない。

だが、配属の決断は、数多くある支店や営業所事の人材計画をもとに結論されるのがありきたり。

それによりの中途採用であり面接選考なのだから、配属は会社の指示に従うのが原則である。

よしんば、依頼を考慮してくれ要因が「通勤に有用」という程度の事であれば、企業の配属に従うつもりがある事をハッキリ伝えるぺき。

でないと、配属限定する応募者と見なされ、選考から外されてしまう事もある。

その上、述べる時も、そこそこの奥行きをもたせるなど、柔軟性を見せる事が好印象につなげていくのが要だ。

法人によっては、都市部と郊外のお店、工場と本社というように、配属される商い所によって動務時や業務の守備範囲などが異なる事例もある。

勤務地が広域にわたる時や所部門などが異なる時は、その辺の事も面接での見定め事項のひとつとしてリストアップしておくことである。