応対した従業員に応募者がびしっと名を名乗ってあいさつをしたか、どのような感触を受けしかも、「ある応募者は面接での礼儀は満点でしたが、案内をした女子社員に残業は多いかなどと尋ねていた事がわかり、採用を思いとどまりました」というエピソードを披露してくれた面接担当者もいる。

新卒採用とは違って、入社後のトレーニングを行わなくても社会人としてのベース礼儀作法を修得している人材を入手できるのが中途採用のメリツトである事はすでに述べた。

とくにキャリアのある人の場合は、望み値が高いせいか点数も辛くなりがち。

そのうえ志望先企業の受付で応対する従業員、また例を挙げると受付のない小さな企業なら、応募者が自身から声をかけ、出てきた従業員に用件と名前を告げる。

更に総合評価とはならず、マナーに自信のある人が些細なことで不採用になる事もある。

気に掛かる事があれば参考にされ、減点評価になるのが普通。

気なる事があればチェックされ、減点評価になるのがありきたり。

あらかじめ立ち居振る舞いの決め手を押さえておく事をおすすめしたい。

そんな訳でマスターしておきたいのが、知っているようで知らない面接会場でのベースエチケットやベース動作だ。

あらかじめ元を押さえておく事も大切志望先企業または面接会場の建物に入れば、もう応募者は注意され、ポイントにされている。

「椅子の座り方ひとつで評判が変わってくる」といった話を聞けば緊張せざるをえないが、それは言い訳にならない。

それだけに転職面接では、一般常識や商い礼儀作法が厳しく見られる。

キャリアに応じた落ち着いた態度は、好感を抱いてもらうための始動でもある。

新卒採用とは違って、入社後のトレーニングを行わなくても社会人としての基本マナーを学習している人材をゲット可能なのが中途採用のメリツトである事はすでに述べた。

とくにキャリアのある人の場合は、期待値が高いせいか点数も辛くなりがち。

それだけに転職面接では、一般常識や産業礼儀作法が厳しく見られる。

面接も産業の延長だとするスタンスもあるが、どんだけ取引先との交渉に慣れていても、採用面接を受ける事に慣れている人は少ない。

更に総合評価とはならず、エチケットに自信のある人が些細な事で不採用になる事もある。

そのうえ志望先会社の受付で応対する従業員、他にも面接担当者も年下であるような場合もあって、ついつい気がゆるむ性質があるので十分な注意が必要だろう。